美容・身だしなみ

化粧品選びに失敗しないコツって?

こんにちは。美容ズカイストのあつこです。

今日は美容をロジカルに考えていくことについてお話ししたいと思います。

ロジカルに考えると、化粧品選びが失敗しにくくなるんです!

あなたはロジカル派?フィーリング派?

まずはじめに、あなたはロジカルに物事を考える人ですか?それとも、フィーリングで物事を決める人ですか?

例えば、レストランに入った時に、

「連日食べ過ぎているから、あっさりしたものを食べようかな?」という人ですか?

それとも、

「期間限定、などにつられて食べたいものを直感で選ぶ」人ですか?

1つ目に当てはまる人は「ロジカルに考えるのが得意な人」。

2つ目に当てはまる人は「フィーリングで考えるのが得意な人」です。

ロジカルに考えると「問題解決が早い」のですが、「理屈っぽい」「面白みに欠ける」といったデメリットが。

そして、フィーリングだけで考えると「その人らしさ」が如実に出ますが、「いつまでも悩んでしまう」「頭の中が整理できない」といったデメリットがあります。

どちらもいい面、悪い面があります。

・・・ということは、どちらかに振り切ってしまうのではなく、両方とも共存させるのはどうでしょうか?

いつもの思考に2割逆の思考を入れるのです。

例えば、いつもフィーリングで決める人なら、2割ロジカルをちょい足しするのです。

賢い消費者はフィーリングにロジカルをちょい足し

セールスをする人の間では、「買い物は衝動」という言葉があります。

ステキな広告を作り、それを見た人を「ほしい!」という衝動(フィーリング)に駆らせるのです。

もちろん、わたしも広告は大好きです!ブランドごとの世界観が出ていて、とってもステキです。好きな女優さんが出ているCMの商品を買うこともあります。

でも、広告って「消費者ファースト」なのでしょうか?

当たり前のことですが、他社の製品と比較しているデータは出てきません。メーカーが推したい部分を全面的に出しているだけ。人によって合う、合わないまで教えてくれるはずもありません。

でも、消費者はほかの製品とも比較したいし、自分に合う、合わないも知りたいですよね?

製品の比較、合う、合わない、を知るにはロジカルシンキングをちょい足しすることが大切なんです。

美容ズカイストはロジカルシンキングのちょい足しをお手伝い!

再度質問です。

あなたは化粧品選びに失敗したことはありますか?

わたしはたくさんあります!!

肌に合わない化粧水を買ってしまったり、にじみやすいアイライナーを買ってしまったり。

ドラッグストアに行って、フィーリングで買ったものには失敗品も多かったです。

しかも、自分に合わない化粧品を買ってしまったら、もう二度と使うことはないですよね。数回使ってゴミ箱行きです。

何度も失敗した末にわたしは、

「これってもったいなくない?先に自分に合う化粧品がわかれば、お金も時間も無駄にしなくて済んだのに・・・」

と思いました。

「それなら、成分や特徴を先に調べて、自分に合う化粧品を大まかにリサーチしておけばいいんじゃない?」

それから、化粧品の成分を少しずつ勉強し始めました。でも、化粧品の成分だけでは、効果を正確に知るには不十分。

また、テレビCMや広告では、単品の製品情報しか得られず、複数のアイテムを比較することができません。

「実験して、化粧品の効果がはっきりわかるようなものがあればいいのになー」

なら、自分でやっちゃえばいいんじゃない?

・・・ということで、図解&実験をする美容ズカイストあつこが生まれたのです。

  • フィーリングだけで化粧品を買うと失敗する確率が高い!
  • お金と時間がもったいない!
  • 効果をほかのアイテムと比べてみたい!

この問題を解決してくれるのが、ロジカルシンキングのちょい足しなんです。

ロジカルシンキングのコツを発信!

わたしは、化粧品選びをする際のロジカルシンキングを少し足すコツをブログ、メルマガで発信していきます。

ブログでは、以前からやっているように、化粧品成分の図解をしたいと思っています。

メルマガでは、さらに詳しい情報をお届け!わたしが実際にたくさん化粧品を買い込んできて、実験し、化粧品の比較実験をしていきます。

どこにも載っていない貴重な情報をブログ、メルマガで発信していきますよーーー!!

これからも応援よろしくお願いします♡

それでは今日はここらへんで。

Bonne journée!